レーシックで失敗しないためのサイト


レーシックとは

イントラレース(レーザー)もしくは、マイクロケラトーム(カンナのような機械)で角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を削る(蒸散させる)。その後、フラップを元の状態に戻し、フラップが自然に吸着する。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。 その他、乱視・遠視も矯正可能である。

レーシックの利点

  • 眼鏡やコンタクトレンズが不要になる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。また就業にある程度の裸眼視力が必要な警察官・電車の運転士等も就職前に受けているケースがある。
  • 以前に加入した生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。
  • 10万円以上の医療費の支払がある場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられる。

レーシックの欠点

  • 希望する全員が受けられる手術ではない(角膜厚が足りない、合併症がある等で適応できない人がいる)。
  • 近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない(ただし18歳以降なら可能)。

関連サイト


【PR】 クレジットカード ランキング田舎暮らし物件情報